【最初に覚えるパターン記号】間違いやすいタック・プリーツのパターン記号の見方、縫い方解説します。

タックの記号と縫い方服作りの基礎

こんにちは!

”ただ服をつくる”のいづみです。

Youtubeで洋裁を紹介しています。

パンツ、シャツ作りを目指して

楽しく学んでいきましょう!

今回は、

最初に覚えて欲しい

”パターン記号10選”

の続きです。

”タック”や”プリーツ”

見たことありますよね?!

スカートや、ワンピース

なんかにもたくさん使われる

デザインの一つです。

この”タック”や”プリーツ”

作り方は難しくないのですが

記号がちょっとだけややこしい。

ですので今回は

”タック”だけを

まとめました。

記号の見方と、

縫い方も紹介しますので

この記事を読んだら

”タックマスター”ですね!

「洋裁本を初めて開いた」

「パターンの記号の見方が分からない」

「タック、プリーツの記号も知りたい」

「タックやプリーツにも挑戦したい」

という方は、

ぜひご覧ください!

タックのパターン記号の見方、覚えよう

タックやプリーツには

斜めの線が書かれています。

この斜めの線がポイントです。

動画の中では、

クイズ形式で

タックやプリーツの記号を

いくつか例を出して

どんな風にたたむのか

練習していますので

ぜひご覧ください。

◉時間割

0:00~0:43▶︎イントロ

0:44~2:26▶︎タックがどんな所にあるか

2:27~5:02▶︎記号の見方、たたみ方

5:03~8:29▶︎プリーツ2種類のたたみ方

8:30~8:57▶︎エンディング

ポイントは

斜め線の上から下の方へ

生地を倒します。

これだけです。

これが分かっていると、

どんな記号が

組み合わされても

迷うことはありません。

プリーツを使ったポケット

タックの記号を

二つ組み合わせると

プリーツになります。

生地のたたみ方によって

違うデザインになるのも

面白いですよね。

タックの縫い方2種類

タックの縫い方には

”中縫い”

という縫い方と

”仮止め”

という縫い方があります。

どんなふうに違うのか

ぜひ見ていただきたいと思います。

◉時間割

0:00~0:51▶︎イントロ

0:52~5:00▶︎タックの縫い方1

5:01~9:03▶︎タックの縫い方2

9:04~10:36▶︎ボックスプリーツの縫い方

10:37~13:22▶︎インバープリーツの縫い方

13:23~13:48▶︎エンディング

中縫いをしてあげることで

いつまでもプリーツの

形を維持することができます。

タックのデザインの入っている

パターンもたくさんあります。

ゆったりとしたサイズ感の中にも

縦のラインが入って

すっきり見えますよね!

まとめ

”タック””プリーツ”

はもうマスターしましたよね!

シンプルなデザインの服でも

タックやプリーツは

よく使われるので

この記号を見つけたら

「よし作ってみよう」

と挑戦してみてくださいね!

その他、最初に覚えておくべき

パターン記号をまとめた記事もあります。

こちらです。

まだこの

”パターン記号10選”を

見ていない方は

とっても大事な記号だけを

集めましたので

ぜひご覧ください。

最後に、、、

最後までブログを読んでくださりありがとうございます。

少しでも、”ただ服をつくる”という服作りを楽しむ場に興味を持っていただけたら、ぜひこちらの記事もご覧ください。

”ただ服をつくる”って何をするところなのか、私が”ただ服をつくる”を始めたきっかけをまとめています。

これからも皆さんと一緒に服作りを楽しめることを楽しみにしています。

”ただ服をつくる”って何!?

私が”ただ服をつくる”を始めたきっかけ


また、私のYouTubeチャンネルとインスタグラムは下記からご覧いただけます。

■YouTube:ただ服をつくる

ただ服をつくる
★現在コメント欄はOFFにしております。過去動画全てのコメントをOFFにはしていないため一部の動画にはコメントすることができますが、返信はしておりません。ご了承ください。(2021年8月) --- はじめまして。いづみです。 YouTubeで洋裁教室を始めました♪ 毎週火曜日〜土曜日の5日間毎日服作りの動画を配信してい...

■Instagram:@tada_fuku

Instagram
タイトルとURLをコピーしました