【ループ返し不要】細いループもスルッと簡単に返せる秘密技紹介します。

ループの作り方服作り

こんにちは!

”ただ服をつくる”のいづみです。

Youtubeで洋裁を紹介しています。

頑張りすぎずに、

気楽に服作りを

楽しんでいきましょう!

今回は、”ループの作り方”です。

”ループ”というと、

専門の道具が必要そうだったり

ひっくり返すのが難しいイメージがありますが、

ちょっとしたテクニックで

スルッと簡単に

特別な道具は使わずに

ひっくり返すことが

出来るんですよ!

「ループを作ってみたい」

「ループってなかなかひっくり返せない」

「ループは苦手」

という方におすすめの記事です。

動画で詳しく紹介していますので

ぜひ、ご覧ください!

”ループ返し不要”のループの作り方

ループの作り方の基本としては、

長いものを作って、

必要な長さにカットして使います。

どういうことかというと、

例えば、トップスのボタンを

5個つけたくて、

ループが5個必要だった時。

小さいループを

5個作るのではなくて

長ーいループを作ってこれを

5個にカットして使います。

手順

まずバイアステープを用意します。

バイアステープの作り方は

下に動画で紹介しています。

次に、バイアステープを

中表に半分に折って

作りたいループの太さで縫います。

最初と終わりには

返し縫いをして下さい。

ですが、これはバイアスなので

生地によっては

縫っているとゆがみやすいので、

中表に合わせた時に

アイロンで軽く折っておきます。

次がポイントです。

このミシンの縫い目じゃない方、

”わ”の方の角を三角カットします。

縫い目の方ではなく

”わ”の方をカットします。

ループ返しの代わりに針と糸を使う

ここでループ返しの代わりに、

針に糸を通して、

2本どりにします。

この時、糸の長さは

ループの長さよりも長くします。

ちなみに糸は、

ミシン糸よりも太めの手縫糸が

おすすめです。

端っこに大きめに玉結びをして、

先ほど角をカットした尖った方に

内側から針を通します。

針のお尻からループの中に入れて

反対側に出します。

大事なのは最初です!

最初だけでもきれいに入ったら

あとは楽なので、

最初に、とがった先端が

中に入るように意識して

引っ張ります。

そしたら、アイロンで整えて、

長さに合わせてカットします。

最後にループに

カーブをつけるように

アイロンをかければ完成です。

バイアステープの作り方

最初に用意するバイアステープの作り方は

この動画で紹介しています。

ループ、バイアステープに向いている生地は?

まとめ

「絶対にひっくり返らない・・・」

と思いがちなループですが

この方法だと簡単に作れるので

ぜひ試してあげてくださいね。

最後に、、、

最後までブログを読んでくださりありがとうございます。

少しでも、”ただ服をつくる”という服作りを楽しむ場に興味を持っていただけたら、ぜひこちらの記事もご覧ください。

”ただ服をつくる”って何をするところなのか、私が”ただ服をつくる”を始めたきっかけをまとめています。

これからも皆さんと一緒に服作りを楽しめることを楽しみにしています。

”ただ服をつくる”って何!?

私が”ただ服をつくる”を始めたきっかけ


また、私のYouTubeチャンネルとインスタグラムは下記からご覧いただけます。

■YouTube:ただ服をつくる

ただ服をつくる
★現在コメント欄はOFFにしております。過去動画全てのコメントをOFFにはしていないため一部の動画にはコメントすることができますが、返信はしておりません。ご了承ください。(2021年8月) --- はじめまして。いづみです。 YouTubeで洋裁教室を始めました♪ 毎週火曜日〜土曜日の5日間毎日服作りの動画を配信してい...

■Instagram:@tada_fuku

Instagram